第1級海上特殊無線技士試験合格!

image21

第1級海上特殊無線技士免許、無事に1回で合格しました!

3海特取得から、1海特合格までの間、かなり時間がかかりましたが、

こうして免許証が届くと、本当に嬉しいですね。

免許証には、富士山のホログラムが入っていて、とても良い感じです。

正直なところ、1海特の試験は、今回たぶん不合格だろうと思っていましたから

なおさら嬉しかったです。 勉強したかいがありました。

これで、第1級海上特殊無線技士試験の受験体験は完了です。

海上特殊無線免許に、ご興味がある方は、是非チャレンジしてみてください。

第1級海上特殊無線技士受験③

いよいよ「1海特」の受験体験記も最後になります。

英語(英会話)の試験がダメだった私は、なんとか気を取り直し

「無線工学」と「法規」の試験を100点ずつ(たぶん)で終わり

最後の「電気通信術(送話)」の試験に挑みます。

この試験内容は、1人の試験官の前に座り、フォネティックコードが

書かれた問題用紙を渡されて、2分間の間に 100文字 の

フォネティックコードを読み上げていきます。

例えば、問題文が「ASGTD BFLOW CZ・・・」と書かれていたら

大きな声で「アルファ、シエラ、ゴルフ、タンゴ、デルタ

ブラボー、フォックストロット、リマ、オスカー、ウィスキー

チャーリー、ズールー・・・」と読み上げていきます。

この試験も時間制限があるので、分からない問題があっても

次のフォネティックコードをドンドン読みあがていかないと

最後まで読む前に、時間切れになってしまいます。

私は、少し緊張してしまい、いきなりフォネティックコードを読み出してしまい、

最初に「始めます」と言うのを忘れてしまいました。

さらに、問題分のフォネティックコード 「H」の「ホテル」が出てこなくなり

頭の中が、真っ白になっていきました。

たまたまなのでしょうが、私が渡された問題分に、「H」が多く、その度に

止まってしまい、試験官の方が、「時間が無いから、次を言って!」と言われ

ますます、焦ってしまい、2分間ギリギリでなんとか「H」以外は、

全部読み上げました。

しかし、最後に「終わります」と言うのも忘れてしまい・・・これも減点・・・

試験官の方に、最初の「始めます」と最後と「終わります」そして、

「H(ホテル)」が残念だったね。といわれ、ガックリしました。

英語(英会話)と、まさかの「H(ホテル)」の度忘れ・・・

試験がすべて終わり、帰りは「もう「1海特」は諦めて、次は「2海特」だな~と、

思いながら帰りました。

試験の結果は、また次回で!

 

第1級海上特殊無線技士受験②

「1海特」受験体験記の続きです。

私は、この試験科目が一番心配でした。 そう「英語」です・・・

過去の問題を勉強しても、毎回違う問題なので、試験時に英会話がしっかり

聞き取れないと、答えが分かりません。

英語の試験時間は30分です。

問題は、5問 出題され、4択の中から1つ正解を選び、3問以上出来れば

合格になります。

問題の英会話が、CDラジカセから、1問につき 3回 流れてきます。

この英会話の喋るスピードが、速い・・・少なくとも、練習用CDより

確実に早かったです・・・。

私は、なんとか問題内容の英会話の内容を単語で聞き取り、

4択の答えの中に、関連しそうなものを探すのが精一杯でした。

5問の出題は、あっという間に終わり、これはダメかもしれないと思いました。

しかし、まだ試験はどんどん続きます。

気持ちを入れ替えて、「無線工学」と「法規」に挑みます。

「無線工学」と「法規」の試験時間は、各60分です。

この2つの科目は、過去問をしっかりやったおかげで、2科目ともに、

100点 の自信はありました。

あ~英語(英会話)がダメだった~。

次回、最後の「電気通信術 送話」の試験に続きます。