第1級海上特殊無線技士受験①

まだまだ、暑い日が続きますね!

少し間があきましたが、いよいよ 「1海特」 の受験体験記です。

試験の場所は、晴海にある「日本無線協会 本部」になります。

試験会場の部屋に入ると、試験を受ける方が、想像していたより多く

「結構たくさん受験する人がいるんだな」と、まず思いました。

そして、試験官の方が数名入ってきて、試験内容と注意事項を

説明してくれます。

そしていよいよ試験開始です。

まずは、「電気通信術試験(受話)」からです。

この試験は、フォネティックコード(欧文通話表)がCDラジカセから

流れてくるものを聞いて、解答用紙に記入していきます。

例えば、CDラジカセから「アルファ、ズールー、デルタ、キロ、タンゴ」と

流れてきたら、解答用紙に「A、Z、D、K、T」と記入していきます。

5つごとの フォネティックコード が 20セット!

フォネティックコード 100個が2分間の間に流れます。

かなり早いスピードで流れますので、1つのコードに悩んでいる時間はありません。

答えが分からなかったら、次のコードを記入していかないと、メチャクチャに

なってしまいます。 私は、フォネティックコードを書きながら

「結構流れてくるスピードが速いな」と少し焦りました。

「電気通信術試験(受話)」はしっかり 「フォネティックコード」を

暗記しておけば、なんとかなりますし、試験も落ち着いて受ければ、、

「電気通信術試験(受話)」は、なんとか大丈夫だと思います。

次は、私の苦手な英語(英会話)に続きます。