PONAM-28Ⅲ アウトリガー取付①

image13image11

image12image14

毎日、まだまだ暑いですね!

PONAM-28Ⅲにアウトリガーを取付ける事になりました。

アウトリガーとは、ボートでトローリングをする時に使用するものです。

ボートの船尾から、ルアーを流すだけではなく、ボートの左右に張り出した

アウトリガーの竿(ロッド)から、ルアーを流す事が出来ます。

他のライン(釣り糸)と絡まないように、より多くのルアーを流す事が

出来るので、魚を釣るチャンスが増えます。

まずは、ベース金具の取付けです。

写真の穴は、「インスペクションハッチ」と言う作業用の蓋を

取付けるための穴です。

ベース金具を取付けるのに裏側から手が入らない箇所に

インスペクションハッチを取付け、そのハッチから手を入れて作業をします。

ベース金具を取付ける位置の寸法を出してから、アウトリガーのベースパイプを

仮留めして、ベース金具を取付けていきます。

この位置合わせが、結構時間がかかります。

また、アウトリガーは、汎用性のものしかないので、ステンレスパイプなどは、

取付けるボートやクルーザーごとに寸法を出して、カットしていきます。

間違って短く切り過ぎたら大変ですから・・・

しかし、この時期の日中の外作業は、日差しが強烈で、かなりバテます。