PONAM-28Ⅲ 点検整備①

image26image28

朝晩は、過ごしやすくなりましたが、昼間はまだまだ暑いですね。

PONAM-28Ⅲのアワーメーター(※1)が、25時間を超えたので

初めてのエンジンオイル交換など、点検整備を行いました。

PONAM-28Ⅲのエンジンは、排気量 2,982cc、185馬力のディーゼルエンジンが

2基搭載されています。

まずは、古いエンジンオイルを抜きます。

車のように、下側からオイルは抜けないので、上からポンプで抜きます。

オイルエレメント(オイルフィルター)も一緒に交換します。

エンジンオイルと、オイルエレメントは、あまり乗らない方でも、

1年に1回は交換した方が良いですね。

良く乗られる方(100時間を超える)は、半年に1回、

または100時間ごとのペースで、エンジンオイルを交換してあげると良いです。

以前、ボートライセンスインストラクターをしている時に、受講生の方から

エンジンオイル?ってなんで入れるんですか?と、聞かれる事がありました。

エンジンオイルの役目は、大きく分けると5つあります。

①潤滑 ②冷却 ③洗浄 ④気密 ⑤防錆 です。

まず「潤滑」ですが、エンジンは金属で出来ていますので、エンジンオイルが無いと

金属同士が擦れて壊れてしまいますので、エンジンオイルが、金属と金属の間に入り

金属の摩擦を軽減してくれます。

金属同士の摩擦により生じる「熱」をエンジンオイルで軽減するのが、「冷却」です。

エンジン内部も、汚れていくのでエンジンオイルが「洗浄」もしてくれます。

エンジン内部の部品も、ピストンとシリンダーの間に隙間が少し空いているように

出来ています。なぜ隙間を少し作っておくかというと、ピッタリに作ってしまうと、

熱などで部品が膨張して動かなくなってしまうからです。

エンジンオイルは、その部品と部品の隙間を埋めて「気密性」を高めます。

エンジン内部で発生する 錆(サビ)などもエンジンオイルが防ぐので

「防錆」の役目もしています。

エンジンオイルが劣化すると、これらの性能がすべて落ちるので、

エンジンには良くありません。

早め早めにオイルの交換をするようにした方が、エンジンには優しいですね。

※1 ボート・クルーザーには、走行距離メーターなどはついていないので、

代わりにエンジンが始動していた時間が分かる アワーメーターが付いています。