ヤマハ ボート免許教室 受付け(東京・神奈川)

当社は、「これからボートで遊びたい」「ボートやクルーザーを所有したい」という方に、 小型船舶操縦士免許(ボート免許)を取得する事からご相談に応じています。
ボートを自分で操船する喜びと感動を、一緒に感じていきませんか?

当社では、ボートを初めて操船する講習生と、ボートの上で直接話しをする「小型船舶免許講習インストラクター」の経験を生かし、ボート免許に興味を持った方の「取得前の不安」を取り除きながら、一から相談にのれる「信頼関係」を大切に、ボート免許の受付けを行っています。

ヤマハボート免許教室、または登録免許教習所をご案内しています。


 

ボート免許の種類

種類 対象 操船区域
1級船舶 ボートやクルーザーなど20トン未満の船 沿岸より100海里(約185km)まで
2級船舶 ボートやクルーザーなど20トン未満の船 沿岸より5海里(約9km)まで
1級進級コース お持ちの2級(旧4級)から1級へ進級できる実技試験なしのコース 沿岸より100海里(約185km)まで
特殊小型船舶 水上オートバイ専用免許。水上オートバイを楽しむには必ずこの資格が必要です。
1級・2級免許所有の場合は学科試験の一部が免除されます。
沿岸より2海里(約3.7km)まで

※1級・2級免許を取得しても、水上オートバイは操縦出来ません。水上オートバイを操船するには「特殊小型船舶免許」が必要です。

 

受講資格

 

年齢 <1級>:17歳9か月以上 <2級・特殊小型>:15歳9か月以上
視力 両眼共に0.5以上(矯正視力を含む)の方。ただし、一眼の視力が0.6に満たない方は、他眼の視力が0.5以上、かつその眼の視野が左右150度以上ある事。
その他 所定の検査合格基準に達している事。※弁色力に不安のある方、身体に障害がある方などは事前にお問い合わせください。

コース内容(国家試験受験コース or 国家試験免除コース)

ボート免許を取得するには、国家試験を受験する小型船舶免許スクールと、国家試験が免除の小型船舶免許養成コースがあります。

当店では、勉強時間がしっかりと確保できる方は、国家試験を受験するコースをおすすめしています。
また、お仕事などが忙しく、勉強する時間がなかなか確保できない方へは、国家試験が免除で「確実に免許取得できる」=「養成コース」の受講を、おすすめしています。

もちろん、どちらのコースで受講されても、小型船舶操縦士免許に違いはありません。

自分には、どちらのコースが向いているのか?またボート免許の学科講習の内容や、実際にどのように実技講習(ボートの操船講習等)をやるのか?など、講習内容の詳細をもっと詳しく聞いてみたいなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

講習会場が東京・横浜の為、当店での受付は東京・神奈川にお住まいの方に限らせて頂いております。
東京・神奈川以外にお住まいの方で受講ご希望の方は、別途ご相談下さい。

当社で小型船舶免許受付けのメリット

現在も小型船舶免許インストラクターである経験を生かし、お申し込みの前に、ボート免許の取得方法や、講習内容など、ゆっくりご説明させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。
免許取得後は、ヤマハシースタイル(レンタルボートクラブ)の入会受付け、ボート・クルーザーご購入のご相談、マリーナ選びのご相談、ご希望に合った情報、操船練習、クルージングでの同乗サポートなど、お客様のご希望を聞きながらご対応させて頂きます。

  • メールや電話にて折り返し返答させて頂きますので、メールの受信設定のご確認をお願いいたします。返信のメールが届かなかった場合に備え、日中にご連絡可能な電話番号を、お問合せフォームよりお知らせください。